技術情報 UVランプ

UVランプ発光波長(分光分布図)

高圧水銀ランプ

365nmを主波長として、254nm、313nm、405nm、436nmの線スペクトルが強いのが特長で、ハードコートなどに使用されます。

スーパーUV ランプ

通常の高圧水銀ランプに比べ、185nm~254nmの短波長のスペクトルが強いのが特長です。

メタルハライドランプ Aタイプ

250~450nmの範囲で多数のスペクトルを放射し、UVインキの硬化などに使用されます。

メタルハライドランプ B タイプ

特に400nm付近を強く放射し、顔料入りの厚膜塗装や刷版の感光に使用されます。

UVランプ平均寿命

UVランプは、当社の照射器具・電源装置・冷却装置との組み合わせでご使用いただきますようお願いいたします。
使用条件が適切でないと、所定のUV照度が得られなかったり、短寿命等の原因になります。

ランプの種類(W/cm) 平均寿命時間(UV 照度維持率)
水銀・メタルハライドランプ(80) 2000時間(70%)
水銀・メタルハライドランプ(120) 2000時間(70%)
水銀・メタルハライドランプ(160) 1500時間(70%)
水銀・メタルハライドランプ(200/240) 1500時間(70%)
水銀・メタルハライドランプ(300) 1000時間(70%)

250mm未満のランプは上表とは異なる場合がありますので、個別にお問い合せ願います。

ランプ平均寿命

当社のUV照射装置(UV照射器具・電源装置・冷却装置)に組み込んで、適切な使用条件・環境下で複数のUVランプについて計測した場合で、紫外線維持率が初期値の70%に至った使用時間の平均値。

紫外線維持率

UVランプ使用初期から10時間後の紫外線照射量を100%とし、UVランプ点灯経過時間のUV照度の相対表示値。

UVランプご使用上の注意

  • UVランプを素手で取り扱わないでください。もしUVランプに触れたり、汚れがついた場合にはエチルアルコールを湿らせた清潔なガーゼなどで拭いてください。
  • UVランプを取付けたままで、UV照射装置の運搬、移動を行わないでください。ガラス製品のため破損の原因となることがあります。
  • UVランプの性能や寿命はUV照射装置、電源装置によって大きく左右されます。当社の適合するUV照射器具、電源装置と組み合わせてご使用ください。
  • 当社のUV照射装置にUVランプを取付ける場合は取扱説明書を必ずお読みください。もし、製品の不具合、取扱い上ご不明の点がある場合は、当社へ連絡してください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

UV営業グループ 075-316-3074

受付時間:9:00〜17:35

土日祝、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始など弊社所定休日を除く